水漏れなどトラブル時におけるトイレの交換と水道修理業者の選び方

水漏れなどトラブル時におけるトイレの交換と水道修理業者の選び方 トイレの交換・修理を業者に依頼するにあたってのポイントを紹介します。毎日使用する場所なので、水漏れが便器・ウォシュレットそれぞれに起こり得ます。経年劣化だったり部品の不具合だったり、理由は様々あります。応急処置程度なら自分で処置しても問題ありませんが、放置してしまうことで2次被害へと繋がり住生活に悪影響を及ぼします。特に賃貸物件の場合は損害賠償の問題が発生しかねません。
そこで、トイレの交換・修理それぞれの利点及び業者に依頼する方が良いか否かについて紹介します。

■水漏れ時トイレの交換は自分でしても問題ないのか

トイレの交換をするにあたり、便器・ウォシュレットからの水漏れによってケースが異なります。
ウォシュレットを購入するにあたり、インターネットからも取り寄せが出来ます。電源を入れるタイプの場合は特殊工具も必要なく設置も簡単に出来ます。その上、費用も高額でない機器もあります。ただし、サイズ・形状によっては設置が出来ない場合がありますから、注意が必要です。
トイレの交換を自分ですることも、相応の工具・知識があれば問題ありません。ただし、間違った処置により水漏れが発生してしまうと、建物全体に影響を及ぼします。賃貸物件の場合は、所有者は管理人であり他の生活している方にも迷惑をかけてしまいますから勝手に交換することはできません。

■水漏れが発生した場合、トイレの交換が良いのか否か
水漏れが発生した場合ですが、機器の修理により問題なく使用し続けることも出来ます。業者に依頼する場合でも、費用は抑えられることが多いです。そのため、まだ設備が新しいのであれば交換ではなく修理を選択する方が良いでしょう。
一方、設備が古くなっている場合は交換も検討しましょう。各メーカーにて、便器・ウォシュレットは節水・性能にて進化した商品が開発されています。特に年単位で使用し続ける場合だと、電気・水道代の節約にも繋がります。種類も組み合わせ型・タンクレス・タンク一体型それぞれあり、予算も異なります。業者によっては、メーカー希望価格からの割引料金にて対応してもらえるところがあります。各種情報収集をした上で、ライフスタイルに合った機器を設置すると良いです。

■トイレの交換にかかる費用相場と業者選び

トイレの交換を業者に依頼するにあたり、懸念されるポイントは業者選びと費用相場です。
トイレ本体の交換は、必要最小限の機能がついているだけの場合は、5万円くらいからでも購入できます。温水洗浄付き、脱臭・節水機能など高機能になると、10万円以上かかる場合もあります。ネット通販で機器を購入して、業者に取付を依頼すると1万円ほどの工賃がかかります。
タンクを含めた交換の場合は更に高額になる上、別途処分費用や床張替などの費用もかかります。工賃ですが、ホームセンターや家電量販店では、機器の購入代金のみで長期保証付きで対応してもらえます。全国展開している大手業者の場合は、相応に体力と信頼もありますから安心です。
業者選びにおいては、安さだけを頼りにしてはいけません。安い理由を確認した上で業者を選ばないと、トラブルに繋がりかねません。使い続けることで水漏れなどのトラブルも起こります。丁寧で可能な限り早く対応してもらえる業者を選ぶことが大切です。特に自分の生活している地域から近くの業者で実績がある場合だと、要望に応えてもらいやすいです。

■まとめ
水漏れが発生してトイレの交換をする場合、便座のみの設置・交換のレベルであれば自分で対応することも可能です。一方、買い替えを兼ねてタンクも交換する場合は業者に依頼することがおすすめです。業者はそれぞれにサービスが異なります。アフターサービスを含めて、自分のライフスタイルに合ったところに依頼すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース